社会福祉法人蘇生会 救護施設 野坂の浦荘

年間生活支援計画

年間生活支援計画

 目標  健康的で規則正しく、生き生きとした生活が送れるよう、入所者の自己決定・個別性を尊重し、それぞれの自立に向けた個別支援を図っていく。

koryu05
koryu06

内容 内容
4月
  • ケース検討会(第1木曜日)
  • 個別支援方針を把握し、各入所者の強みを活かした生活支援を行っていく。
  • 各担当は入所者に対する支援内容を具体化し、各入所者の目標達成に向け支持していく。
10月
  • ケース検討会(第1木曜日)
  • 入所者と職員が一体となり取り組める運動会を目指す。
  • 個別面談を通して、自らが掲げた目標の到達度や生活の満足度を把握し、再度個別支援計画を職員と入所者で共通認識する。
5月
  • 各自の目標が、主体的に取り組まれる契機とするため、個別面談を行う。
  • 外出行事を企画し、気分転換を図る。
11月
  • 個別面談を通して、自らが掲げた目標の到達度や生活の満足度を把握し、再度個別支援計画を職員と入所者で共通認識する。
  • 各担当は入所者に対する支援内容を必要に応じて見直し、各入所者の目標達成に向け支持していく。
6月
  • ケース検討会(第1木曜日)
  • 居室や身の回りの清潔保持に気を配る。更に生活相談員が衛生面に重点を置き居室点検を実施する。
  • 各自の目標が、主体的に取り組まれる契機とするため、個別面談を行う。
12月
  • ケース検討会(第1木曜日)
  • 意見交換会では積極的に意見を出してもらい、生活の充実を図っていく。
7月
  • コロナ禍でのふるさと訪問の代替として、親族等へ電話や手紙等の通信を勧め、気持ちの安定を図る。
  • 各担当は、入所者の目標達成度を評価し、具体化した支援内容が適当であるか見極める。
1月
  • コロナ禍でのふるさと訪問の代替として、親族等へ電話や手紙等の通信を勧め、気持ちの安定を図る。
8月
  • ケース検討会(第1木曜日)
  • コロナ禍でのふるさと訪問の代替として、親族等へ電話や手紙等の通信を勧め、気持ちの安定を図る。
  • 全員参加の荘内レクリエーションを通じ、一体感を感じることで、互いを認め合う機会に繋げる。
  • 会話の時間の充実を図る。
2月
  • ケース検討会(第1木曜日)
  • 入所者個別支援計画検討会(案)
  • 入所者との効果的なコミュニケーションからニーズを把握したり、必要な情報を提供したりすることで、自己選択の機会を図る。
  • 会話の時間の充実を図る。
9月
  • 入所者個別支援計画(再検討)
  • 個別支援の見直しを行い、入所者主体の支援を検討する。
  • 入所者一人一人が主役になれる運動会の内容を検討する。
  • 会話の時間の充実を図る。
3月
  • 入所者への一貫した支援に向け、要望を基にした、異職種間での情報共有、連携をとり、支援計画を検討する。
  • 外出行事を企画し、気分転換を図る。
  • 会話の時間の充実を図る。

 

お気軽にお問い合わせください TEL 0966-87-2277 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 野坂の浦荘 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.