社会福祉法人蘇生会 救護施設 野坂の浦荘

運営・基本方針

運営方針

入所者それぞれの人格を尊重し健康で文化的な生活水準の維持を基本に、より適切な支援を図りる。また、地域における身近な福祉サービスの場としての役割も充実していく方針です。

基本方針

  • 入所者個別支援
    1. 入所者の「健康を守り、心を大事にする」ことを支援の指針として疾病の予防、早期発見、早期治療に努める等、日常の健康管理に重点をおきながら、規則正しい生活習慣と自立への援助を支援の目標とし個別支援を基本にして推進します。
    2. 入所者の生き甲斐と健康を守ると共に、身体機能の減退を防ぐために「クラブ活動」「レクリエーション」「作業訓練」「リハビリ訓練」等を促進します。
    3. 地域社会との連携と交流を深めていく中で、入所者の社会性の向上を図ります。
    4. 入所者の生活の安定と衛生管理のために、施設環境の整備と美化に努めます。
    5. 年間行事計画や施設環境整備等への入所者の意見を聞くための、全体集会(意見交換会)を実施し、施設生活の向上を図っていきます。
    6. 入所者の生きがい高揚や家庭復帰、社会復帰に向けての自立助長を図るため、居宅生活訓練事業を実施し金銭管理、家事・安全管理、健康管理等の基本的な訓練や相談・指導に取り組みます。
  • 職員の資質向上
    1. 職員は、施設職員であることを自覚し、入所者並びに地域社会から信頼されるように努めます。
    2. 職員には、施設専門の人材として各種の技能や研修の機会を用意し資質の向上に努めます。
    3. 職員は、業務遂行のために自己の健康管理に心がけ、定期健康診断、検診、予防接種等の受診に努めます。
    4. 職員の給与、休暇、休日等は、関係職場との均衡を図り、安定して業務に精進できるように取り計らいます。
  • 基本目標
    平成31年度の運営方針及び事業計画達成のために次の目標を掲げます。

    1. 健康的で明るい「生き甲斐づくり」
    2. 入所者個別支援の向上
    3. 入所者地域移行の促進
    4. 地域福祉への役割
    5. 職員の資質の向上
    6. 運営費の効果的活用と適正な経理事務
  • 基本目標の具体策
    1. 健康で明るい「生き甲斐づくり」
      季節に合わせた花見や運動会、見学旅行等各種のレクリエーションや行事を楽しみ、入所者の趣味とニーズに応じた各種のクラブ活動や生活関連動作を養うためにの町内外ショッピング等を行うことで、施設生活に潤いと明るさをもたらすように努めます。又、農作業を主とする生産活動をとり入れた作業訓練の中で、健康で働く喜びが身体の機能の減退を防ぎ、社会適応や能力の開発に繋がり、更に「生き甲斐」の発見に結びつくように支援します。
    2. 入所者個別支援の向上
      入所者の高齢化がすすむ中で、生活上に老化現象や疾病の増加が見られ、部分的要介護状況が増えつつあり、医療機関の利用も多くなっています。入所者の日常生活の的確な把握に心がけ、適切な個別支援を図り、嘱託医や医療機関と緊密な連絡をとりながら、疾病の予防並びに早期発見に努める等、日常生活に於いてきめ細やかな支援を行います。又、入所者本位のサービス提供のため、個人情報の保護、苦情解決組織の充実及び福祉サービス第三者評価受審のための整備を図り、サービスの質の向上に努めます。 さらに、入所者の尊厳を図るため、入所者個々の生活歴、障害に理解を深めるとともに、サービス向上委員会発足当初に立ち返り、委員会を中心に、入所者に対する言葉遣いを敬語に改め、虐待の未然防止、職員の資質の向上を図っていきます。
    3. 入所者地域移行の推進
      入所者の要望と能力を勘案し、居宅生活に必要な知識・技能の習慣に向けた訓練を行います。また、社会生活に欠くことのできない対人関係についても、コミュニケ―ションが図れるよう、基本的なマナーから指導します。さらに就労に向け、生活リズムの確立、就労体験を積極的に推進していきます。
    4. 地域福祉への役割
      地域福祉への多様化、システム化が図られる中で貴重な存在として、地域との連携交流を図り、町の委託を受けた高齢者世帯への給食サービスを行ってきています。該当世帯等のニーズに応え、昼・夕食配食を実施しており、今後もできる限り施設機能を地域に開いて、役割を担うよう努力します。又、毎月の誕生会に太田地区の70歳以上で1人暮らしの方へ昼食を提供しています。 さらに、広報誌の発行を通じ、透明性を高めることで、地域住民にも施設への理解を深めてもらい、より一層の地域貢献の拡充を目指していきます。今年度より、これまで培ったノウハウを活かし、生活困窮者に向けた相談支援業務に着手します。地域の支援ネットワークにおける一端を担っていきます。
    5. 職員の資質の向上
      (職員研修)
      ○施設外研修…県社協、熊救協主催による研修の機会をはじめ、九州ブロック研修会、全国規模の研修会等定例的に行われていますが、全職員について適切に参加の機会を与えます。
      ○施設内研修…職員各自テーマを定め、それに基づいて研究した結果を発表します。県、九州ブロック、全国規模の研修会に参加した者はその報告を行います。
      (勤務態勢の確立)
      ○生活支援員については、生活相談員の指導のもとに、主任生活支援員を中心にして寮棟長と連携を密にし、直接支援の向上に努めます。
      ○看護師については、特に健康管理と保健衛生の分野で入所者の支援上に専門的な知識を活用します。
      ○調理員については、栄養士の指導のもとに、主任調理員を中心にして調理給食に当たると共に、高齢者世帯への給食サービス業務の配送に携わります。
      ○職員は、職務別チーム間の連携を密にして、入所者個々について一貫した支援の確保に努めます。
    6. 運営費の効果的活用と適正な経理事務
      措置費並びに利用者負担金収入を基にした運営費は、入所者支援上に最も効果的に活かされなければならない。 社会環境の変化と時節に応じた入所者の暮らしに見合う、適切で有意義な活用を図ります。平成29年度から社会福祉法人制度改革にて、評議員の設置が義務付けられた。経過措置として4人を設置しました。しかし、経過措置も平成31年で終了することから8人に増員する必要があり、より一層、事業運営の透明性の向上、財務規律の強化に力を注ぎ、関係法令や規程を遵守すると共に、運営費の弾力運用を活用し、合理的な予算編成と適正な執行に努めます。また、今後において、施設運営は増々厳しくなって来るものと推察されることから、支出予算の削減・節約、且つ厳正な執行など、更なる努力が必要です。なお、施設の老朽度に合わせた経費の対応と施設環境の整備に係る費用については、入所者支援上欠くことができないものであり、計画的投入を図るとともに長期的展望に立って経費の節約に努め、施設整備資金の確保を図ります。

お気軽にお問い合わせください TEL 0966-87-2277 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 野坂の浦荘 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.